最新消息

「食品器具の包装の衛生基準」に関する規定

2013/11/20


食品医薬品局(発売日)2011-09-22



食品飲料容器包装用のポリ塩化ビニル(PVC)材料の衛生と安全性については、保健省が衛生基準を満たすことに加えて、ポリ塩化ビニル(PVC)材料などのプラスチック材料についてはすでに「食品容器包装衛生基準」を定めています。 「プラスチック」規制の規定にその中で、材料試験は鉛とカドミウムが100ppm以下でなければならないと規定し、溶解試験は可塑剤DEHPとDBPがそれぞれ1.5ppmと0.3ppmであると規定しています。さらに、PVC材料は、プラスチック規制の「ポリ塩化ビニル、PVC」の材料試験および溶解試験にも適合している必要があります。

保健省食品医薬品局は長年にわたりその健康と安全性を理解するために市場監視を行ってきましたが、(99)年にはプラスチック食品容器の販売のために合計68個の可塑剤が製造されました。

現在、日本の油性食品との接触によるDEHP含有PVC製品の使用禁止に加えて、食品および飲料用容器包装用のPVC材料を禁止している国はありません。 PVC材料は食品器具容器および包装の管理に使用される。食品医薬品局は、製造業者は様々な食品容器の製造における衛生と安全に注意を払うべきであると同時に、関連する規制を遵守しなければならないと強調しています。

一般的な規則

商品名と
原料
材料試験プロジェクト
適格基準
溶出試験 備考
溶剤 溶解条件 プロジェクトと適格基準
プラスチック 鉛:100ppm以下
カドミウム:100ppm以下。
60℃、30分 過マンガン酸カリウム消費量:
10ppm以下
一般的な規定に加えて、プラスチック製の道具、容器、および包装もプラスチックの要件に準拠する必要があります。
4%酢酸 (食品加工、加工またはコンディショニングに使用される温度が100℃を超える場合、溶解条件は95℃、30分です) ヘビーメタル:
1ppm以下(Pb換算)
N-ヘプタン 25℃、1時間 ジ - (2−エチルヘキシル)フタレート(DEHP):
1.5ppm未満。

フタル酸ジ−n−ブチル(DBP):0.3ppm以下。

前のページ

レコードを閲覧する
    3お問い合わせ一覧
    お問い合わせ